スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 484冊目 ロード&ゴー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ロード&ゴー
日明 恩
4575236764
双葉社 372頁


内容(「BOOK」データベースより)
元暴走族の過去を持つ消防隊員、生田は、周囲も認めるベテランの運転手。だが、二カ月前に異動してからは、慣れない救急車のハンドルも握らなければならなくなった。そんなある日、路上で倒れていた男を車内に収容したところ、突然、その男、悠木がナイフを手に救急隊員のひとりを人質にとる。同じ頃、警察とTV局に謎の男から犯行声明が入った。男は、悠木の家族を人質にしていることと、悠木に爆弾を持たせていることを告げ、二億円を要求する―。



感想

救急車もの。
雄大の消防と繋がってます。

面白かったです。

ハラハラドキドキ、
仲間との絆、
阿吽の呼吸、
胸にぐっとくるものがあり、
おおいに楽しめました。

やっぱ小説はこうじゃなくっちゃね。
映画化されないかな?

スポンサーサイト

本棚に追加 409冊目 ギフト 

JRTパパの本棚に1冊追加。


ギフト
4575236195
双葉社 348頁

 

内容紹介
過剰追跡が原因で犯人の少年を死なせてしまった元刑事の須賀原。そんな彼が働くレンタルビデオ店に、奇妙な少年がやって来た。『シックス・センス』の DVDを見つめながら、ただ涙を流しているのだ。しかも毎日…。心に傷を負う元刑事と、“死者”が見える少年が、霊にまつわる事件を解決していくハートウォーミングミステリー。


感想
面白かったです。
感動で鳥肌が立つところも何度かありました。

大体感動もののいい話なんですが、圭子の話は主人公たちがあまり理解できなかったようにおいらも理解できませんでした。

『シックスセンス』をDVDで観てみたくなりました。

本棚に追加 320冊目 埋み火―Fire’s Out 

JRTパパの本棚に1冊追加。

埋み火―Fire’s Out
日明 恩
4062128802
講談社 485頁



内容(「BOOK」データベースより)
老人世帯で連続する失火による火災。住人は、“不運な偶然が重なって”焼死。赤羽台出張所の若手消防士、大山雄大は出火原因に疑問を持ちはじめていた。「…これは、放火自殺なのか…?」閉塞した世の中を雄大が救う。



感想
面白かったです。

消防士雄大シリーズ第2弾。
相変わらずクドイ語りですが、
それがこのシリーズの特徴なので良しとしましょう。

内容的にはいろいろ考えさせられました。
生きて行くのも死ぬのも大変だ・・・

で、このシリーズはまだ続くのかな?
まだまだ続きが読みたいです。

本棚に追加 238冊目 そして、警官は奔る 

JRTパパの本棚に1冊追加。

そして、警官は奔る
日明 恩
4062761319
講談社文庫 672頁


内容(BOOKデータベースより)
警視庁蒲田署に異動となった武本は、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追った。一方、かつての上司、潮崎は、武本の力になりたい一心で、独自に事件の調査を始める。そして、浮き彫りになる子供の人身売買や虐待の現実。法律では裁ききれない闇に、二人はどのような光を当てるのか?シリーズ第二作。


感想
面白かったです。
堪能できました。

シリーズ第2弾です。
武本、潮崎、相変わらずいい味出してます。
今回はF県警も出てきました(笑)

テーマは重いです。さらに旬です。

解説に「かくして、読者は嵌る」とありましたが、まさにその通り。
おいらも見事に嵌ってます^^

本棚に追加 220冊目 鎮火報 

JRTパパの本棚に1冊追加。

鎮火報―Fire’s Out
日明 恩
4062759756
講談社文庫 597頁


内容(BOOK」データベースより)
「熱い消防馬鹿なんか真っ平御免」と言い放つ、二十歳の新米消防士・大山雄大。だが、外国人アパートを狙う連続放火事件の消火にあたったことを境に少しずつ変化が起こる。真相に迫るうちに気づかされるのは、選んだ道の正義と誇り、そして消防士だった亡き父の思い。一人の消防士の成長を描いた傑作長編。



感想
面白かったです。

熱い?消防士のお話です。
主人公が読者に話しかけるような独特の文体が
最初う~んって感じだったけどだんだん気にならなくなりました。
その他の登場人物(裕二や守)もミステリアスでいい味出してます。

この作者の本は2冊目だけど
警察官シリーズと消防士シリーズ、
どちらも面白いです。

早く次作も文庫化されないかな~^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。