スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 496冊目 インビジブルレイン 

JRTパパの本棚に1冊追加。


インビジブルレイン
誉田 哲也
4334926886
光文社 454頁


内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子が新しく捜査本部に加わることになったのは、ひとりのチンピラの惨殺事件。被害者が指定暴力団の下部組織構成員だったことから、組同士の抗争が疑われたが、決定的な証拠が出ず、捜査は膠着状態に。そんななか、玲子たちは、上層部から奇妙な指示を受ける。捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだが…。幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件。姫川玲子は、この結末に耐えられるのか。


感想

面白かったです。
姫川シリーズ最新刊。

おいおい玲子ちゃん、なんで恋に落ちちゃうの?
ってのが一番の感想かな?
姫川ってこんなキャラだったっけ?
普通、ありえんやに?

支店に飛ばされて次回からは新シリーズか?

スポンサーサイト

本棚に追加 400冊目 シンメトリー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

シンメトリー
4334925960
光文社 281頁




内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、事件の真相と司法との間には、割り切れぬ闇も確実に存在して…。警察小説の愉しみに満ちた傑作。


感想
ボチボチ面白かったです。

姫川シリーズ第3弾。
短篇集。7作品あります。

誉田作品というとちょっとグロい描写の刺激の強い作品というイメージなんだけど、
今回はおとなしめのほんわか作品でした。

『右では殴らない』のラストが、(≧m≦)ぷっ! 良かったです。

本棚に追加 354冊目 ソウルケイジ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ソウルケイジ
4334925421
光文社 405頁



内容(「BOOK」データベースより)
多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された!姫川玲子たち捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がって…。進境著しい俊英・誉田哲也が渾身の力をこめて描く、丹念に積み上げられた捜査小説にして、胸をうつ犯罪小説の白眉。



感想
姫川シリーズ第2弾。
面白かったです。
なかなか読み応えがありました。

ストロベリーナイトほどグロくはなく、ホッとしました。

犯人がはじめに出てたなんて、
ある意味本格推理小説みたいで
思わずページを戻して読み直してしまいました。

本棚に追加 323冊目 ジウⅢ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)
誉田 哲也
4122051185
中公文庫 446頁



内容(「BOOK」データベースより)
新宿東口で街頭演説中の総理大臣を標的としたテロが発生。大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保し、警察上層部は安堵する。だがそれは、さらなる悪夢の始まりに過ぎなかった。“新世界秩序”を唱えるミヤジと象徴の如く佇むジウ。彼らの狙いは何なのか?そして美咲と基子は―!?シリーズ完結篇。


感想
面白かったです。
楽しめました。

ドキドキしました。
本を読みながらドキドキするなんて、
それだけ引き込まれていたということでしょう。

ジウが誘拐をした理由に、なんか納得してしまいました。
哀しいなぁ・・・

本棚に追加 322冊目 ジウⅡ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)
誉田 哲也
4122051061
中公文庫 400頁



内容(「BOOK」データベースより)
連続児童誘拐事件の黒幕・ジウを威信にかけて追う警視庁。実行犯の取り調べを続ける東警部補と門倉巡査は、“新世界秩序”という巨大な闇の存在に気づき、更なる事件の予兆に戦慄する。一方、特進を果たした伊崎巡査部長は特殊急襲部隊を離れ、所轄に異動したが、そこにも不気味な影が迫っていた。



感想
面白かったです。

なんか嫌な方向に進んでいくけど・・・
怖いもの見たさというか、続きが気になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。