スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクワ蛹化 

久々の更新・・・(^^;;

8/23から1週間ほど留守にしていて、その間暑い中
ほったらかしだったカブクワたち。
★になってた成虫も幼虫もいたけど・・・

なんと蛹化してる幼虫がいました(*_*)

コクワ♀2頭です。

5/5にセットして、6/23に割り出したものです。

割り出し後2ヶ月ちょっとなんですが、ちょっと早すぎねぇか?

しかもそのうち1頭は体は蛹だけど頭は幼虫のままだし・・・

羽化するのだろうか・・・?


9月も子供の入院、手術の予定がありブログ更新は
ほとんどできないのではないかと・・・・・(ノ_-;)ハア…



9/11
コクワ♀1匹は羽化したけど羽化不全で悲惨な羽バカ・・・
幼虫の頭の蛹は羽化できずに★になってしまいました
((((*ToT*)†~~~アーメン

今期のコクワのニョロがかなり少なくなってしまったので
のんびり余生を送っていた唯一の種♀を急遽産卵セットに投入しました。
(一番でかい♂も一緒に)
さて産んでくれるか・・・

スポンサーサイト

本棚に追加 150冊目 氷舞 新宿鮫Ⅵ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)
大沢 在昌
4334733255
光文社文庫 544頁


内容(「BOOK」データベースより)
西新宿のホテルで元CIAのアメリカ人が殺された。事件の鍵を握る平出組の前岡に迫る鮫島。しかし、なぜか公安警察が立ちはだかった。その背後には元公安秘密刑事・立花の影が。捜査の過程で鮫島は、美しく孤独な女・杉田江見里と出逢い、惹かれていく…。江見里と事件の関わりが浮上するなか、鮫島は“核心”に挑む。興奮と感動の傑作シリーズ第6弾。


感想
新宿鮫シリーズ第6弾。

面白かったです。
堪能できました。

今回の敵は巨大だったし、
昌との関係もおかしくなったりで、
どうなることかと思ったけど何とか収まったという感じです。

でも事件のほうはこのまま終わるという感じではないような気もするし、
次巻はどうなる?

本棚に追加 149冊目 水の眠り灰の夢 

JRTパパの本棚に1冊追加。

水の眠り 灰の夢 (文春文庫)
桐野 夏生
4167602024
文春文庫 468頁


内容(「BOOK」データベースより)
昭和38年9月、地下鉄爆破に遭遇した週刊誌記者・村野は連続爆弾魔・草加次郎事件を取材するうちに、一人の女子高生の殺人事件の容疑者に。東京オリンピック前夜の高度成長期を駆け抜ける激動の東京を舞台に、村野の執念が追いつめたおぞましい真実とは。孤独なトップ屋の魂の遍歴を描く傑作ミステリー。

感想
村野ミロの父親善三の、ミロが生まれるころのお話。

面白かったです。
村野ミロシリーズより、こちらの善三シリーズがあれば読みたいなと思いました。

パラワン♀掘り出し 

7/18に羽化を確認していたパラワン♀。
今日、容器をのぞいて見ると地上に出てきてました。(暑いんだろうねぇ)

で、早速取り出して写真撮影。
パラワン♀
(= ̄▽ ̄=)V やったね

サイズは、思ったよりでかくて50ミリ弱といったところです。
一緒にもらった♂はまだ幼虫してます。体重は47グラムでした。

今いる♂成虫とと秋にブリするか、
♂幼虫が羽化するのを待って来年春にでもブリするか、思案中です。

オオクワ掘り出し 

7/8時点で1♀の羽化と1♂の蛹化を確認していた
我が家のオオクワガタ。

今日、マット飼育でまだ蛹している1♀をのぞいた
菌糸ビン6セットを掘り出してみました。

結果は2♂4♀でした。

♀は4匹とも完品でサイズは大体45ミリ前後でした。
オオクワ♀
(= ̄▽ ̄=)V やったね


♂は・・・・
1匹は完品でサイズは約70ミリ。
オオクワ♂
(= ̄▽ ̄=)V やったね


でも、もう1匹は・・・・
羽化不全・・・
オオクワ♂羽化不全
残念・・・・


でも、最後まで責任持って飼育してあげるからね。

9/11
羽化不全の♂は★になってしまいました。
((((*ToT*)†~~~アーメン

本棚に追加 148冊目 炎蛹 新宿鮫Ⅴ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

炎蛹―新宿鮫〈5〉
大沢 在昌
4334731597
光文社文庫 423頁



内容(「BOOK」データベースより)
新宿署刑事・鮫島を、犯罪者は、恐れを込めて「新宿鮫」と呼ぶ。植物防疫官・甲屋は、外国人娼婦によって南米から日本に侵入した、“恐怖の害虫”の蛹を追っていた。羽化まで数日。蛹を追って、鮫島と甲屋は、危険と罠に満ちた闇に挑む!命をかけて熱く闘う男たちがここにいる。興奮と感動、圧倒する迫力!傑作長編刑事小説第5弾。

感想
新宿鮫シリーズ第5弾。

面白かったです。

あんまりハラハラドキドキはなかったけど、
はずれがないので安心して読めます。

甲屋さんはこれからも出てくるのだろうか?
なかなか面白いキャラでした。

鮫島は相変わらずかっこいいし、
桃井課長も渋いし、
次巻の活躍が楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。