スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 355冊目 果断 隠蔽捜査2 

JRTパパの本棚に1冊追加。

果断―隠蔽捜査〈2〉
4103002522
新潮社 317頁



内容(「BOOK」データベースより)
混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は。警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。襲いくる様々な圧力に竜崎は打ち勝つことができるのか。


感想
シリーズ第2弾。
面白かったです。楽しめました。
ナウシカが出てくるとは・・・(笑)

竜崎のこれからが楽しみです。
スポンサーサイト

本棚に追加 354冊目 ソウルケイジ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ソウルケイジ
4334925421
光文社 405頁



内容(「BOOK」データベースより)
多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された!姫川玲子たち捜査一課殺人犯捜査係の刑事たちは、所轄と組んで捜査にあたる。しかし、手首の持ち主と思しき男の周辺を調べていくうちに、つぎつぎと意外な事実が浮かび上がって…。進境著しい俊英・誉田哲也が渾身の力をこめて描く、丹念に積み上げられた捜査小説にして、胸をうつ犯罪小説の白眉。



感想
姫川シリーズ第2弾。
面白かったです。
なかなか読み応えがありました。

ストロベリーナイトほどグロくはなく、ホッとしました。

犯人がはじめに出てたなんて、
ある意味本格推理小説みたいで
思わずページを戻して読み直してしまいました。

本棚に追加 353冊目 朝日のようにさわやかに 

JRTパパの本棚に1冊追加。

朝日のようにさわやかに
4103971088
新潮社 281頁



内容(「BOOK」データベースより)
ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る―。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。



感想
短篇、掌編集。
14作品あります。

『水晶の夜、翡翠の朝』は、
なんか(題名忘れた)の続編ですね。
楽しめました。

『冷凍みかん』この話はどこかで読んだような?
似たような話を読んだのかな?

恩田ワールド全開で、どれも面白かったです。

本棚に追加 352冊目 クジラの彼 

JRTパパの本棚に1冊追加。

クジラの彼
4048737430
角川書店 241頁



出版社/著者からの内容紹介
「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。
人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説作品集。



感想
ベタ甘恋愛小説です。
短篇集。6作品あります。

面白かったです。
『空の中』や『海の底』の登場人物のその後の物語で、
思わずニヤニヤしながら読みました。
たまにはこんなベタ甘もいいかな?(笑)

本棚に追加 351冊目 最愛 

JRTパパの本棚に1冊追加。

最愛
410303551X
新潮社 307頁



内容(「BOOK」データベースより)
小児科医の押村悟郎の携帯電話が鳴った。警視庁の刑事からだった。18年間会っていない姉が、意識不明で救急病院に搬送されたという。重傷の火傷、頭部にうけた銃創。しかもそれは、伊吹という男と婚姻届を出した翌日の出来事だった。姉のアパートで見つけた不審な預金通帳、姿を現さない新婚の夫。噛み合わない事実、逃げる男と追う男。「姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ…」愛のかたちがここにある―。慟哭の長編恋愛小説。



感想
ボチボチ面白かったです。

ちょっと、「くどい?」 
読んでる最中、何度もそう思いました。

読後もあまり印象に残りませんでした。

本棚に追加 350冊目 ダナエ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ダナエ
4163255907
文藝春秋 217頁



出版社 / 著者からの内容紹介
男たちの生き方に共感必至!
CM制作を手がける麻生は昔の恋人の窮地を救うため突飛な手を考えた!(「水母」)。広告界と美術界を舞台にした力作3篇を収録!


感想
短篇集。3作品あります。
ぼちぼち面白かったです。が、期待が高すぎたのか、
ちょっと肩透かしを食らった感もあります。

まあ、しいて言うなら『ダナエ』がよかったかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。