スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 407冊目 虚夢 

JRTパパの本棚に1冊追加。


虚夢
4062147416
講談社 320頁



内容(「BOOK」データベースより)
愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。


感想
面白かったというより、薬丸作品はやっぱ┗(-_-;)┛オ・・オモイ… 。

いろいろ考えさせられるけど、本音を言うと、避けて通りたいテーマだな・・・



スポンサーサイト

本棚に追加 406冊目 青の懺悔 

JRTパパの本棚に1冊追加。


青の懺悔
4569698514
PHP研究所 333頁



内容紹介
刑事は辞めても刑事なのか――。人生の挫折はいくらでも取り戻せる。だが、それができるのは過ちに対し、責任を取る姿勢がある人間だけだ。
神奈川県警を辞め、私立探偵の看板を掲げた真崎薫(まさき・かおる)は、ネコ探しを依頼されるなど、慣れない探偵業に無聊(ぶりょう)をかこつ日々を送っていた。
ある日、高校時代の野球部の仲間、長坂(ながさか)が訪ねて来る。スポーツ選手の代理人をやっているとのことだが、なかなか上手くいかないようで、真崎と同様、燻(くすぶ)る日々らしい。それから数日後、長坂が結城(ゆうき)を伴って真崎の元を再訪する。結城も高校時代の仲間であり、プロ入りした野球選手で、FA権を取得後、メジャーへ挑戦したが思うような成績は残せず、2年で日本に戻り、元のチームでプレーすることになっていた。憔悴(しょうすい)した様子の結城は、息子・翔也(しょうや)が誘拐されたと真崎に打ち明けるのだった……。



感想
う~~ん、面白いといえば面白いんだけど・・・
あまり後味は良くないかな?

暗い終わり方・・・堂場ワールドの特徴といえばそれまでだけど。

犯人は途中からなんとなく予想できたけど、共犯との繋がりが??
裏のバックアップ隊もかっこよすぎるし・・・

なんか消化不良・・・

本棚に追加 405冊目 賢者の贈り物 

JRTパパの本棚に1冊追加。

賢者の贈り物
4569698492
PHP研究所 261頁


内容紹介
古今東西の古典・名作が、現代に蘇る――。同期の女の子を呼んで開いた週末の鍋パーティー。みんなを送り出した翌朝、部屋には、女物の靴が一足。代わりに家主のサンダルがなくなっていた!――週明け出社しても、その間違いを誰も申し出てこないのはなぜ? (ガラスの靴)。フイルム・カメラから、デジタル・カメラに切り替えた私に、妻がプレゼントしてくれたのは「カメラのフイルム」だった!? 私がフイルム・カメラを使用していないことは、妻も知っているはずなのになぜ? (表題作・賢者の贈り物)。本格推理の新旗手が、軽妙、洒脱に古典・名作に新たな息吹を吹き込んだ意欲作10篇を収録する。



感想
面白かったです。
短篇集。10作品あります。

磯風さんという美少女が毎回登場するのですが、繋がりはありません。

石持ワールド特有の、理詰めで考えて考え抜いて謎?を解いていきます。
ホッと暖かくなる話や、ゾッとする話もあり、楽しめました。


本棚に追加 404冊目 サハラ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

サハラ
4198625107
徳間書店 385頁




内容(「BOOK」データベースより)
見渡す限りの砂塵。傍らの突撃銃と残骸になった軍用ヘリ。そして、失った記憶と謎の文献…。未知の新油田を巡り、伝説の傭兵が今、甦る。大藪賞作家が放つ超大作、国際謀略サスペンス。



感想
面白かったです。
読み応えがありました。

主人公の名前に見覚えがあるなと思ったら案の定、繋がってました。

相変わらずスケールの大きな話です。
ハラハラドキドキでしたが、最後は何かジーンと来る感じでした。
油田じゃなく水脈って言うのがいいね。

本棚に追加 403冊目 インシテミル 

JRTパパの本棚に1冊追加。

インシテミル
4163246908
文藝春秋 447頁


出版社 / 著者からの内容紹介
バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる



感想
面白かったです。

一種殺人ゲームのお話なんだけど、ノリが軽い?
ゲームの中でのお話という印象を受けました。

まあ、読者にそう思わせるのも作者の小説力の賜物なんだろうけど。

で、須和名祥子っていったい何者?
要は金持ちの道楽って事か??

あと、監獄のシステムってゆるくねっ?

本棚に追加 402冊目 ジーン・ワルツ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ジーン・ワルツ
4103065710
新潮社 265頁



内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。


感想
面白かったです。

普通に生まれてくる事がどんなに奇跡的な事か、改めて教えられたような気がします。

時系列でいくと、この間読んだ『医学のたまご』の主人公、
曽根崎薫の生まれるころの話ということになります。

今回の物語は薫の母親、理恵を中心に動いています。

海堂ワールドの世界(桜宮サーガ)の出来事はどこまで
フィクションなのかわからないくらいリアリティがあります。
小説だからとのほほんとはできない怖さを感じます。
だから余計に桜宮サーガにのめり込んじゃうのかな?

本棚に追加 401冊目 猫と針 

JRTパパの本棚に1冊追加。

猫と針
4103971096
新潮社 123頁


内容(「BOOK」データベースより)
友人の葬式の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった。噂によれば、仲間たちはみな、何らかの個人的事情を抱えているらしい。一見なごやかな宴だが、それぞれが諸事情で少しずつ席を外す間、残った人間は様々に憶測を巡らし、不在の人物について語り合う。やがて漂う不穏な空気―。噂はどこまで本当なのか?そして、この集まりの本当の意図とは?恩田陸“初戯曲”ついに書籍化。閉鎖空間で展開する、心理サスペンス会話劇。創作の舞台裏を綴った長文エッセイ、「『猫と針』日記」も書き下ろしで収録。



感想
ふむ、これを面白いというのだろうか?
正直よくわかりませんでした。

戯曲?お芝居がほんとにあったみたいですね?
知らなかったけど・・・

芝居を見た後読んでみるとまた違った感想になるかも?

本棚に追加 400冊目 シンメトリー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

シンメトリー
4334925960
光文社 281頁




内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、事件の真相と司法との間には、割り切れぬ闇も確実に存在して…。警察小説の愉しみに満ちた傑作。


感想
ボチボチ面白かったです。

姫川シリーズ第3弾。
短篇集。7作品あります。

誉田作品というとちょっとグロい描写の刺激の強い作品というイメージなんだけど、
今回はおとなしめのほんわか作品でした。

『右では殴らない』のラストが、(≧m≦)ぷっ! 良かったです。

本棚に追加 399冊目 君の望む死に方 

JRTパパの本棚に1冊追加。

君の望む死に方
4396208456
祥伝社 253頁


内容(「BOOK」データベースより)
膵臓ガンで余命6ヶ月―。“生きているうちにしか出来ないことは何か”死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す動機がある。殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で―。幹部候補を対象にした、保養所での“お見合い研修”に梶間以下、4人の若手社員を招集。日向の思惑通り、舞台と仕掛けは調った。あとは、梶間が動いてくれるのを待つだけだった。だが、ゲストとして招いた一人の女性の出現が、「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめた…。



感想
面白かったです。

なんでこんな題名なんだろうと思ってたけど、
読んでいるうちに納得しました。

ちょっと復讐するには動機が弱いような気もしないでもないが・・・

最後はどうなったのかな?・・・そこまで書いて欲しかったような気もします。

って、読み返すと冒頭に人が死んでると救急車を要請してたよ。
ということは死んだのは??

本棚に追加 398冊目 ゴールデンスランバー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ゴールデンスランバー
4104596035
新潮社 501頁


内容(「BOOK」データベースより)
仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ!オズワルドにされるぞ」と、鬼気迫る調子で訴えた。と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、青柳に向かって拳銃を構えた―。精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界―、伊坂幸太郎のエッセンスを濃密にちりばめた、現時点での集大成。




感想
めっちゃ面白かったです^^

テンポがいい、ひょうひょうとしたノリもいい、
登場人物のつながりもいい・・・
伊坂ワールドを堪能させていただきました。

青柳君、花丸もらえてよかったね!

本棚に追加 397冊目 龍馬伝Ⅱ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

龍馬伝 II~SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER
4140055731
NHK出版 313頁



内容紹介
大河ドラマ「龍馬伝」完全小説版、第2弾!
幕末の風雲児・坂本龍馬33年の生涯を、稀代の経済人・岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作品。土佐を脱藩した龍馬は、大坂、京、そして江戸へと向かった。幕臣・勝海舟の弟子となり、海軍操練所で海軍建設に奔走するが、やがて操練所は閉鎖となり行き場を失ってしまう。番組第14回から27回までを収載。



感想
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ノベライズ第2弾。
14話から27話まで。

切ないなぁ~(TT▽TT)ダァー

時代がなぁ~、そんな時代だったんだろうなぁ・・・・

でも、たった150年ほど前の話なんだよなぁ・・・



さあ、予習は終わった。
ドラマを毎週見よう(笑)

本棚に追加 396冊目 いのちのパレード 

JRTパパの本棚に1冊追加。


いのちのパレード
4408535176
実業之日本社 328頁




内容紹介
あの黒い表紙、強烈な帯コピー、シンプルかつ洗練されたデザイン。手に取った時の、嬉しいような怖いようなおののきを今でも覚えている。(中略)かつて「幻想と怪奇」というジャンルのくくりでお馴染みであった、奇妙でイマジネーション豊かな短編群には、今なお影響を受け続けている。あの異色作家短篇集のような無国籍で不思議な短編集を作りたい、という思いつきから連載をさせてもらった>(あとがきより)。

恩田ワールドの原点<異色作家短編集>への熱きオマージュ。ホラー、SF、ミステリ、ファンタジー……クレイジーで壮大なイマジネーションが跋扈する、幻惑的で摩訶不思議な作品集。




感想
ボチボチ面白かったです。

短篇集。15作品あります。
ホラー系、メルヘン系、ファンタジー系、よくわからない系(笑)等、
いろんなジャンルの作品がありました。

『夜想曲』が良かったかな?
いや、『当籤者』『隙間』あたりも捨てがたい・・・^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。