スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 498冊目 扉守 

JRTパパの本棚に1冊追加。

扉守(とびらもり)
光原 百合
4163287302
文藝春秋 265頁


内容(「BOOK」データベースより)
瀬戸の海と山に囲まれた懐かしいまち・潮ノ道にはちいさな奇跡があふれている。こころ優しい人間たちとやんちゃな客人が大活躍。待望の、煌めく光原百合ワールド。


感想
連作短編集。
7作品あります。

面白かったです。
ファンタジー&癒し系。

地元が舞台なのでより楽しめました。
方言も良かったです。

『天の音、地の声』『ピアニシモより小さな祈り』
この辺りが良かったです。

あと、了斎和尚がどうしても尾美としのりになってしまうのは
地元民ならではだろうか(笑)

スポンサーサイト

本棚に追加 497冊目 SOSの猿 

JRTパパの本棚に1冊追加。


SOSの猿
伊坂 幸太郎
4120040801
中央公論社 288頁


内容(「BOOK」データベースより)
ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。



感想
ぼちぼち面白かったかな?

最近の伊坂ワールドはちょっとわかりにくい・・・

もっとわかりやすくテンポのいい伊坂ワールドを堪能したいんだけどなぁ・・・・

本棚に追加 496冊目 インビジブルレイン 

JRTパパの本棚に1冊追加。


インビジブルレイン
誉田 哲也
4334926886
光文社 454頁


内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子が新しく捜査本部に加わることになったのは、ひとりのチンピラの惨殺事件。被害者が指定暴力団の下部組織構成員だったことから、組同士の抗争が疑われたが、決定的な証拠が出ず、捜査は膠着状態に。そんななか、玲子たちは、上層部から奇妙な指示を受ける。捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだが…。幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件。姫川玲子は、この結末に耐えられるのか。


感想

面白かったです。
姫川シリーズ最新刊。

おいおい玲子ちゃん、なんで恋に落ちちゃうの?
ってのが一番の感想かな?
姫川ってこんなキャラだったっけ?
普通、ありえんやに?

支店に飛ばされて次回からは新シリーズか?

本棚に追加 495冊目 Story Seller 3 

JRTパパの本棚に1冊追加。

Story Seller〈3〉
新潮社ストーリーセラー編集部
410136673X
新潮文庫 534頁


内容(「BOOK」データベースより)
大好評アンソロジー第3弾のお届けです。前々作、前作に登場した超豪華執筆陣に加え、新たに湊かなえさん、さだまさしさんが登場。オール読みきり、読み応え抜群の作品を収録します。エッセイあり、ミステリあり、笑える話や、ホロリとさせる恋愛小説あり。あらゆる世代の方々にご満足いただける読書体験をお約束します。本とともに過ごす、至福の時間をお楽しみください。


感想
第3弾。
ぼちぼち面白かったです。

7作品。エッセイやら小説やら。
個人的にはエッセイはあまり・・・
でも有川浩ワールドは面白かったです(*^^*)

だんだんインパクトが弱ってきてるような・・・

本棚に追加 494冊目 麒麟の翼 

JRTパパの本棚に1冊追加。

麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野 圭吾
4062168065
講談社 325頁


内容(「BOOK」データベースより)
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。
帯より
帯には、「加賀シリーズ最高傑作」と謳っていることだろうと思います。
その看板に偽りなし、と作者からも一言添えておきます -東野圭吾


感想
加賀恭一郎シリーズ最新作。
面白かったです。
堪能できました。

まさかの展開。

帯に著者の自信満々の紹介が載ってましたがまさにその通り。
脱帽です。

本棚に追加 493冊目 Another アナザー 

JRTパパの本棚に1冊追加。

Another
綾辻 行人
4048740032
角川書店 673頁


内容(「BOOK」データベースより)
その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。



感想
初めての綾辻作品。

面白かったです。
学園ホラー物。ミステリー要素もあり。
600頁超の大作。
読み応えがありました。

こういう現象だといわれてしまえば
もはやツッコミようもないわねぇ~(笑)

九官鳥は知ってたってか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。