スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断 

 はじまりは市の健康診断でした。

 2005年9月6日(火)、その日は台風接近のため、子供たちの学校も臨時休校となり、市の健康診断も実施が微妙な状況でした。私としてはサラリーマン時代の1999年以来健康診断は受けていないし、40になった今年から市のほうで安くやってもらえるというので、できたらやってほしいというのが本音でした。

 朝から風が強かったけど健康診断は何とか行われました。問診、尿検査、心電図、胃の検査等々、台風接近のため受診者が少なかったのか、30分ぐらいで検査は終了しました。

 ただひとつ気になったのは、尿検査で明らかに他の人の検査用紙の色とは違う私のおしっこをかけた検査用紙。どうも糖がでているらしい。+++ぐらいの記号を書かれたような気が・・・。でもサラリーマン時代にも糖が出ているといわれ、再検査の結果糖尿病ではないといわれたし、その頃よりも体重は10キロぐらい落ちてるし、さほど深刻には考えませんでした。
 
 


 1ヵ月後、驚愕の検査結果が・・・ 

 つづく・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。