スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 30冊目 長い長い殺人 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『長い長い殺人』
宮部みゆき著 光文社文庫 390頁


内容(「BOOK」データベースより)
金は天下のまわりもの。財布の中で現金は、きれいな金も汚ない金も、みな同じ顔をして収まっている。しかし、財布の気持ちになれば、話は別だ。刑事の財布、強請屋の財布、死者の財布から犯人の財布まで、10個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、意表をついた重大事件をあぶりだす!読者を驚嘆させずにはおかない、前代未聞、驚天動地の話題作。



感想
めっちゃ堪能できました。
面白かったです。言う事ありません。

この小説、財布が主人公?で、財布の目線で話が進行していきます。
いろんな財布の話が出てくるので、最初ちょっと戸惑いましたが、だんだん話が繋がってくる(宮部ワールドの真骨頂)感じがたまらなくいいです。

模倣犯のルーツがここにあるといっても過言ではないでしょう。

ほんと素晴らしいです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。