スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 33冊目 六番目の小夜子 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『六番目の小夜子』
六番目の小夜子
恩田陸著 新潮文庫 323頁


内容(「BOOK」データベースより)
津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。



感想
恩田陸幻のデビュー作だそうです。

恩田作品、初めて読んだけど面白かったです。
読んでる途中はドキドキワクワクですごく堪能できたんだけど最後は、アレ?これで終わり?って感じでちょっと物足りなく感じました。
でも他の作品も読んで見たいと思いました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。