スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 34冊目 クロスファイア(上・下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

クロスファイア(上)
クロスファイア(上)
宮部みゆき著 光文社文庫 395頁

クロスファイア(下)
クロスファイア(下)
362頁


内容(「BOOK」データベースより)
四人の若者が廃工場に瀕死の男を運び込んできた。その男を“始末”するために。目撃した青木淳子は、力―念力放火能力を放ち、三人の若者を炎上させる。しかし、残る一人の若者は逃走。淳子は、息絶えた男に誓う。「必ず、仇はとってあげるからね」一方、現場を訪れた石津ちか子刑事は、不可解な焼殺の手口から、ある事件を思い出していた!話題の超傑作、ついに登場。



感想
堪能できました。
面白かったです。
最後は切なかったです。

この話のヒロイン、青木淳子は以前、同じ光文社文庫の『鳩笛草』の中の『燔祭』と言う話に出ていました。
つまり今回の話は続編です。

宮部ワールドに出てくるモンスターを退治する正義の味方のモンスターの話しです。

ちなみに今回出てくる石津刑事、後に、集英社文庫の『R.P.G』にも出てきます。

こんな風に知っている人物がいろんな話に出てくる展開が、なんか自分が宮部ワールドの世界に生活してるような錯覚を起こさせてくれるので、おいら大好きです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。