スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 37冊目 空白の殺意 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『空白の殺意』
空白の殺意
中町信著 創元推理文庫 294頁


内容(「BOOK」データベースより)
高崎市内の川土手で私立高校に通う女生徒の扼殺死体が発見される。その二日後、今度は同校の女性教師が謎めいた遺書を残して自殺する。そして行方不明だった野球部監督の毒殺死体が発見されるに及んで、俄然事件の背後に甲子園行を目指して熾烈な闘いをくり展げている学校同士の醜い争いが炙り出されてくる…。「模倣の殺意」「天啓の殺意」のトリック・メーカーが、密かな自信をもって読者に仕掛ける巧妙なワナ。改稿決定版。



感想
『高校野球殺人事件』の改題。

面白かったです。
堪能できました。


中町信さんの本は『模倣の殺意』『天啓の殺意』についで3冊目です。
過去2冊の知識があったので真犯人はすぐに予想できました。

いかにして真犯人を追い詰めていくか、
自分が名探偵になった気分で読むことが出来ました。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。