スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 47冊目 蒲生邸事件 

JRTパパの本棚に1冊追加。

『蒲生邸事件』
蒲生邸事件
宮部みゆき著 文春文庫 678頁


内容(「BOOK」データベースより)
予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。


感想
長編小説。
2.26事件を軸にしたちょっと切ない物語です。

とても面白かったです。
堪能できました。
「まがい物の神」
「歴史的事実は変えれても歴史は変わらない」

 ・・・考えさせられました。

最後はやっぱ、切ないなぁ~。切ないよ~(;_q))クスン

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。