スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 52冊目  三月は深き紅の淵を 

JRTパパの本棚に1冊追加。

三月は深き紅の淵を
恩田 陸
4062648806
講談社文庫 431頁


内容(「BOOK」データベースより)
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。



感想
不思議な小説でした。
小説の世界と現実の世界が入り組んでるというか、
何か不思議な小説です。
でも・・・こういうの好きです。

面白かったです。
堪能できました。

でも、一番驚いたのは恩田陸が女性だったという事です。
 まだ恩田作品は『六番目小夜子』しか読んでないのですが、名前からか、ただ漠然と男性の作者だと思ってたので、かなり衝撃を受けました。美少女の描写の仕方が繊細だと感じてたのですが、作者が女性だとわかってなんか納得してしまいました。

この記事へのコメント

恩田陸さんも良いでしょ

私もJRTパパさんと同じく、恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きです。
お二人は違った作風ですが、なんか私にとっては共感できるいい味があって好きです。
JRTパパさん、今回沢山入手なさった恩田陸さんの作品を読んでの感想お教え下さい。

コメントありがとうございます。宮部みゆき、いいですよねぇ~ 恩田陸もまだほんの少ししか読んでませんが、面白そうです。ぼちぼち読んだ感想書いていきますのでまた暇なときにでものぞいてみてください。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。