スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 79冊目 探偵ガリレオ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

探偵ガリレオ
東野 圭吾
4167110075
文春文庫 324頁


内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。



感想
連作ミステリーシリーズの第1弾、だそうです。
天才物理学者・湯川学が大活躍。

面白かったです。
おいらこういう展開すきです。
物理とか化学の原理とかは判らないけど
かる~く読めていいんじゃないって感じです。

『予知夢』というのが第2弾なのね。
読んでみようかな?

この記事へのコメント

まいどっ!
あーーーーこれおもしろそうですねぇ・・・。
ミステリーって、ありすぎて迷っちゃうよね? たいしたことないのにぶつかると腹立つし(笑)

ぶんこやさん、まいどです^^

サラッと読めてよかったですよ。

ミステリーって(ミステリーに限らず本全体なんだけど)ほんと種類多いよね。まあ、おいらとの出会いを待ってる本達がたくさんあると思えば楽しくなってくるんだけどね。自分ひとりじゃ限界があるのでいろんな人の感想とかが頼りになってきます。ぶんこやさんの書評、楽しみにしてるのでこれからもじゃんじゃん読んでいい本教えてね♪

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。