スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 87冊目 新宿鮫 

JRTパパの本棚に1冊追加。

新宿鮫
大沢 在昌
4334724434
光文社文庫 399頁


内容(「BOOK」データベースより)
ただ独りで音もなく犯罪者に食いつく―。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。待ち受ける巧妙な罠!絶体絶命の鮫島…。登場人物の圧倒的な個性と最後まで息をつかせぬ緊迫感!超人気シリーズの輝ける第1作。

感想
長編刑事小説。

ハードボイルドです。
面白かったです。
堪能できました。

鮫島・・かっこいいです。

でも、彼(エド)の位置づけが・・?
今回だけの出演なんだろうか?
重要な役割のような気もするけど
別にいなければいないでいいような気もするし、
なんかちょっと違和感でした。

とりあえずシリーズは全部読破しようと思ってます。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。