スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 96冊目 時生 

JRTパパの本棚に1冊追加。

時生
東野 圭吾
4062751666
講談社文庫 533頁


内容(「BOOK」データベースより)
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。



感想
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

不覚にも泣いてしまいました。
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

この記事へのコメント

私も....

本当に良い作品ですよね。
TV化されましたが、やっぱり原作が良かったです。

思い出させて頂きありがとうございました。
もう読んでから大分経つので再読しようか....と探したところなかった?!?あれ?誰かに貸したのかな???
ぜひ再読したいですね。

パパさん、こんばんは!

私も泣きました~・・・。
これは単行本が出たばっかりのときに、即買いした友人に貸してもらって読んだんだー!
ちなみにTVは見てません。

west32さん、こんにちわ♪

是非再読してください。
本を読んで泣けるってすばらしいことですよね。

ぶんこやさん、こんにちわ♪

ぶんこやさんも泣きましたか。
(゜ー゜)(。_。)ウンウン よかったですよね。

ドラマのDVD,今レンタルしてうちにあります。
おいら、ドラマになってたなんて知らなかったので速攻でポスレンでレンタルしました。

原作とのギャップが気になるところですが鑑賞予定です。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。