スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 115冊目 てのひらの闇 

JRTパパの本棚に1冊追加。

てのひらの闇
藤原 伊織
4167614022
文春文庫 453頁


内容(「BOOK」データベースより)
飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診されるが、それがCG合成である事を見抜き、指摘する。その夜、会長は自殺した!!堀江は20年前に石崎から受けたある恩に報いるため、その死の謎を解明すべく動き出すが…。


感想
面白かったです。
堪能できました。

ハードボイルドです。
かっこいいです。

この作者の設定はワンパターンだという批判もあるそうですが、
おいらはそれでも全然構いません。
楽しめればいいんです。
今回も脇を固める人物がみんなかっこよかった~

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。