スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 116冊目 陰の季節 

JRTパパの本棚に1冊追加。

陰の季節
横山 秀夫
4167659018
文春文庫 241頁


内容(「BOOK」データベースより)
警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた…。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第1弾。


感想
面白かったです。
堪能できました。

連作短篇集。
D県警シリーズ第1弾だそうです。
4篇あります。
警察小説なのですが警察内部の話なので
新鮮でとても面白かったです。
どれもよかったけど強いてあげるなら
『鞄』もある意味怖くてよかったけど・・・
やっぱ『陰の季節』かな?



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。