スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 117冊目 分身 

JRTパパの本棚に1冊追加。

分身
東野 圭吾
4087485196
集英社文庫 457ページ


内容(裏表紙より)
函館市生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた・・。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を禁止される。鞠子と双葉、この二人を結ぶものは何か?現代医学の危険な領域を描くサスペンス巨編。


感想
面白かったです。
堪能できました・・・

・・・でもはっきり言って消化不良です。

こんなラスト?
これで終りにしちゃうの?
なんかいかにもって終わり方じゃない?

このラストでもいいとは思うんだけど、
もうちょっと続きがあってもいいんじゃない?
・・・と思うのはおいらだけ?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。