スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 122冊目 第三の時効 

JRTパパの本棚に1冊追加。

第三の時効
横山 秀夫
4087460193
集英社文庫 410頁


内容(「BOOK」データベースより)
殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。


感想
面白かったです。
堪能できました。

F県警シリーズ。
連作短篇集です。
6篇あります。

どの話もリアルで泥臭い感じです。
どれもよかったけど、あえてあげるなら
『沈黙のアリバイ』『第三の時効』の2話かな?

この記事へのコメント

パパさん、こんばんは。おひさしぶり~

なんかこの本読んだ時期、かぶってます?(笑)
私も「第三の時効」が一番好きでした。

ぶんこやさん、こんにちは♪

そうですね。かぶってたみたいですね(笑)
今は「照柿」読んでます。
これはかぶってないよね?(笑)

第三の時効といえば、2班の班長、楠見だったけ?
過去にどんなことがあったのか読んでみたいよね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。