スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 123冊目 照柿(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

照柿(上)
高村 薫
406275245X
講談社文庫 382頁


内容(「BOOK」データベースより)
ホステス殺害事件を追う合田雄一郎は、電車飛び込み事故に遭遇、轢死した女とホームで掴み合っていた男の妻・佐野美保子に一目惚れする。だが美保子は、幼なじみの野田達夫と逢引きを続ける関係だった。葡萄のような女の瞳は、合田を嫉妬に狂わせ、野田を猜疑に悩ませる。『マークスの山』に続く合田刑事第二幕。


感想
とりあえず上巻を読み終えた時点での感想です。

あまり面白くなかった・・・
一言で言うと、くどい?

上巻だけではよく判らない。
展開も全く読めないし・・下巻に期待しよう。

この記事へのコメント

パパさん、こんばんは!
そうそう。これ、私も読みましたが、たしかにイマイチ・・・。他の(マークスの山とか)がすごくおもしろかったぶん、ちょっと期待はずれ感が大きかったです。
読み終えるのに、ものすごーく時間がかかりました(笑)
・・・がんばってね(笑)

やっと今日下巻を読み終えました。
感想は・・・疲れました(笑)


解説を読むと現代日本のドストエフスキーとかなんとか書いてあったけど、おいらにはちょっと高度すぎたみたいです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。