スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 130冊目 しまなみ幻想 

JRTパパの本棚に1冊追加。

しまなみ幻想
内田 康夫
4334741185
光文社文庫 328頁



内容(「BOOK」データベースより)
広島県尾道と愛媛県今治を瀬戸内の島々で結んだしまなみ海道。その来島海峡大橋から飛び降りたという母の死に疑問を持つ少女・咲枝。平塚亭で、彼女と知り合った浅見光彦も、その死に疑問を抱いた。母親は殺された?しまなみ海道を訪れた浅見は小さな探偵団を結成し、咲枝とともに調査に乗り出す。美しい海と島を舞台に、浅見光彦が活躍する旅情ミステリー。


感想

面白かったです。
浅見光彦シリーズです。

しまなみといってもほとんど愛媛県の話でした。
広島県民としてはしまなみイコール広島県なので、
ちょっと納得いかない・・・

って、まあ小説とは何の関係もないんだけどね(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。