スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 140冊目 屍蘭 新宿鮫Ⅲ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

屍蘭―新宿鮫〈3〉
大沢 在昌
433472857X
光文社文庫 465頁


内容(「BOOK」データベースより)
犯罪者たちから「新宿鮫」と恐れられる、新宿署刑事・鮫島。新宿の高級娼婦の元締め・浜倉が殺された。事件に迫る鮫島の前に浮かび上がる産婦人科医「釜石クリニック」。背後に潜む呪われた犯罪とは?だが、鮫島に突然、汚職・殺人の容疑が!さらに敵の完璧な罠が「新宿鮫」を追いつめる!息詰まる興奮、圧倒的な感動!超人気傑作シリーズ第3弾。



感想
面白かったです。
堪能できました。

スリルとサスペンスでした。
作中の毒薬、実在するものなのかと思ってました(笑)

でも、ふみ江は、どうしてあそこまで綾香を溺愛したのでしょうか?
ちょっと理解できませんでした。

この記事へのコメント

Re:屍蘭

シリーズ第3弾の「屍蘭」まで読んでいます。第4弾は、シリーズの中でも人気があるようで楽しみです。
ところで確かに、ふみ江の溺愛は私も不可解でした。

第4弾が人気あるんですか?
無間人形ですね。手元にはあるんですが、
今読んでる本の次の次ぐらいに読む予定になってます。
楽しみが増えました。((o(^∇^)o))わくわく

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。