スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 141冊目 出口のない海 

JRTパパの本棚に1冊追加。

出口のない海
横山 秀夫
4062754622
講談社文庫 344頁



内容(「BOOK」データベースより)
人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは―。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

感想
おいら、はっきり言って戦争物、特に特攻物は苦手です。
あまりに重過ぎて特攻隊員に感情移入できないからです。

いい作品だと思います。
重い、重すぎる話です。

戦争の無い、平和な世界が続くことを願うのみです。

「敵兵を殺さずに死ねる」・・
今の時代に生きる私たちが聞くと胸にグッと来るものがありますが、
当時の異常な世界観の中ではそんな考えができたのでしょうか?
感情移入しようとすればするほど、気が狂いそうになります。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。