スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 150冊目 氷舞 新宿鮫Ⅵ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

氷舞―新宿鮫〈6〉 (光文社文庫)
大沢 在昌
4334733255
光文社文庫 544頁


内容(「BOOK」データベースより)
西新宿のホテルで元CIAのアメリカ人が殺された。事件の鍵を握る平出組の前岡に迫る鮫島。しかし、なぜか公安警察が立ちはだかった。その背後には元公安秘密刑事・立花の影が。捜査の過程で鮫島は、美しく孤独な女・杉田江見里と出逢い、惹かれていく…。江見里と事件の関わりが浮上するなか、鮫島は“核心”に挑む。興奮と感動の傑作シリーズ第6弾。


感想
新宿鮫シリーズ第6弾。

面白かったです。
堪能できました。

今回の敵は巨大だったし、
昌との関係もおかしくなったりで、
どうなることかと思ったけど何とか収まったという感じです。

でも事件のほうはこのまま終わるという感じではないような気もするし、
次巻はどうなる?

この記事へのコメント

Re:氷舞 新宿鮫Ⅵ

ご無沙汰です。
購入してまだ未読です。今回も面白いようですね。
たのしみです。

やすくんさん、こんばんは♪

1週間ほど夏休みで不在でした。
コメが遅くなり申し訳ございません。

はい、今回も面白かったですよ。
楽しんでください。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。