スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 155冊目 黄昏の百合の骨 

JRTパパの本棚に1冊追加。


黄昏の百合の骨 (講談社文庫 お 83-5)
恩田 陸
4062756943
講談社文庫 398頁


内容(裏表紙より)
強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は・・・。



感想
面白かったです。
堪能できました。

「麦の海に沈む果実」の水野理瀬のその後の話です。
残念なのは「麦の海~」が今手元にないので
人間関係とか詳細を確認できないことです。
悔し~!

こっち側とかあっち側とか、恩田ワールド全開の作品です。
ですが、理瀬シリーズとしては
今回の話は割と判りやすかったです(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。