スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 159冊目 蛇行する川のほとり 

JRTパパの本棚に1冊追加。

蛇行する川のほとり (中公文庫 お 70-1)
恩田 陸
4122048699
中公文庫 343頁



内容(裏表紙より)
憧れの存在であった高校美術部の上級生・香澄と芳野の二人から、夏休みに演劇祭の舞台背景画を描き上げるための「合宿」に誘われた毬子。胸躍らせて「船着場にある家」に赴いた彼女を待ち受けていたのは、遠い夏の日に封印されたはずの秘密だった・・・。ノスタルジーの語り部・恩田陸が紡ぐ永遠の少女たちの物語。


感想
面白かったです。
堪能できました。

思っていたよりは普通のお話でした。
「小夜子」や「理瀬」ほどのインパクトはなかったけど
それはそれでよかったと思います。

それにしても、恩田作品に出てくる少女達は皆魅力的です^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。