スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 163冊目 フェイク 

JRTパパの本棚に1冊追加。

フェイク (角川文庫)
楡 周平
4043765029
角川文庫 436頁


内容(「BOOK」データベースより)
岩崎陽一は、銀座の高給クラブ「クイーン」の新米ボーイ。昼夜逆転の長時間労働で月給わずか15万円。生活はとにかくきつい。そのうえ素人童貞とは誰にもいえない。ライバル店から移籍してきた摩耶ママは同年代で年収1億といわれる。破格の条件で彼女の運転手を務めることになったのはラッキーだったが、妙な仕事まで依頼されて…。情けない青春に終止符を打つ、起死回生の一発は炸裂するのか。抱腹絶倒の傑作コン・ゲーム。



感想
面白かったです。
気楽に読むことができました。

コンゲーム小説というジャンルだそうです。
定義は「詐欺や騙し合いをテーマにした痛快な犯罪サスペンス」だそうです。
まあ、確かに最後は痛快だったかな?(笑)



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。