スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 165冊目 ねじの回転(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。


ねじの回転―February moment (下)
恩田 陸
4087478904
集英社文庫 246頁


内容(裏表紙より)
安藤大尉、栗原中尉、そして石原莞爾は、再生プロジェクトの指示のもと、コンピュータ『シンデレラの靴』がつくり出す時間の狭間で「再生」された過去をなぞり歴史を「確定」してゆく作業にとりかかる。だが、3人の胸の内には、異なる決意があった。錯綜する時間、空間、それぞれの思惑。「二・二六事件」という歴史の事実に材をとり、自在な筆致で想像の極限を描くSF長編。



感想
面白かったです。

なんかいろんな時空が行ったり来たりしていて頭が混乱したけど、
さすが、恩田ワールドといった感じですね。

最後の若き二人の物理学者の出会いがよかったです。
でもこの出会い、深く考えると頭が混乱します・・・(笑)

この記事へのコメント

 なんか想像してたのと違ったけど、おもしろかった! たしかに混乱しますねー(笑)

ぶんこやさん、こんばんは♪

ほんと混乱しますよね。SFではあたりまえなんですかね?
この本は、ぶんこやさんのレビューが決め手となって読もうとおもった本です(^O^)
ぶんこやさんのブログにお邪魔しても全然コメしないくせにいろいろ参考にさせてもらってます(笑)
これからもすばらしいレビューをお願いしますm(._.)m

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。