スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 167冊目 半落ち 

JRTパパの本棚に1冊追加。

半落ち (講談社文庫)
横山 秀夫
4062751941
講談社文庫 357頁


内容(「BOOK」データベースより)
「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。



感想
面白かったです。
堪能できました。

映画を先に観てたので、読んでるとついつい寺尾聰の顔が浮かんでしまいました。
やはり、映画の後に原作を読むと、流れがわかってしまって、ちょっと・・・

でもやっぱり最後は泣けました。


もし自分がアルツハイマーになって、壊れていく自分を認識できたら、
「殺して」って頼むかもしれない。
でも逆に、「殺して」って頼まれても、殺してあげることはできないかも・・・

「尊厳死」とか「死ぬ権利」とか考えさせられました・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。