スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 168冊目 風化水脈 新宿鮫Ⅷ 

JRTパパの本棚に1冊追加。


風化水脈 新宿鮫VIII (光文社文庫)
大沢 在昌
4334740286
光文社文庫 662頁


内容(「BOOK」データベースより)
殺人傷害事件で服役していた藤野組組員・真壁が出所した。だが、真壁が殺そうとした男は、藤野組と組む中国人組織のボスになっていた。一方、高級車窃盗団を追う鮫島は、孤独な老人・大江と知り合う。大江に秘密の匂いを嗅いだ鮫島は、潜入した古家で意外な発見をした―。過去に縛られた様々な思いが、街を流れる時の中で交錯する。心に沁みるシリーズ第8弾。


感想
面白かったです。
堪能できました。

新宿鮫の8作目です。

1作目に出てきた真壁が出てきて、鮫島と関わってきます。
最後がちょっとあっけなかった気もするけど、まあ良しとしましょう。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。