スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 170冊目 犯人に告ぐ(下) 

JRTパパの本棚に1冊追加。


犯人に告ぐ 下 (双葉文庫 し 29-2)
雫井 脩介
4575511560
双葉文庫 335頁


内容(裏表紙より)
犯人=[バッドマン]を名乗る手紙が、捜査本部に届き始めた。巻島史彦は捜査責任者としてニュース番組に定期的に出演し、犯人に「もっと話を聞かせて欲しい」と呼びかけ続ける。その殺人犯寄りの姿勢に、世間および警察内部からも非難の声が上がり、いつしか巻島は孤独な戦いを強いられていた・・・。犯人に”勝利宣言”するクライマックスは圧巻。「普段ミステリーや警察小説を読まない人をも虜にする」と絶賛された、世紀の傑作。



感想
面白かったです。

「今夜は震えて眠れ」・・かっこいいねぇ~。

でも、なんか、薄っぺらい感じなんだよね。
期待しすぎたのかな?

娯楽小説として読めばおもしろいけど、
ミステリーもしくは警察小説として読むと、
やっぱちょっと物足りない・・・余韻が残らないんだよね・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。