スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 172冊目 笑う警官 

JRTパパの本棚に1冊追加。


笑う警官 (ハルキ文庫 さ 9-2)
佐々木 譲
4758432864
ハルキ文庫 439頁



内容(裏表紙より)
札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、「うたう警官」の文庫化。


感想
面白かったです。

まず始めにこの小説はフィクションなのか
ノンフィクションなのか・・・その辺がよく判りませんでした。
解説を読むと元になるノンフィクションがあったそうです。

内容的にはまあこんなもんかって感じでした。
ミステリー的にはちょっと・・・カナ?


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。