スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 174冊目 行きずりの街 

新しい年になりました。

今年もボチボチ本を読み、
ぼちぼちカブクワの世話をやっていこうと思います^^


JRTパパの本棚に1冊追加。

行きずりの街 (新潮文庫)
志水 辰夫
4101345112
新潮文庫 350頁



内容(「BOOK」データベースより)
女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。日本冒険小説協会大賞受賞作。


感想
1991年の「このミス」大賞受賞作。

面白かったです。

10年以上前の作品とは思えませんでした。
内容的にはまあ予想通りの終わり方だったけどね。

この記事へのコメント

Re:行きずりの街

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

「行きずりの街」、面白かったですよね。さすが、このミス1位です。
URLに私の拙い読書のブログのアドレスを貼りました。またコメントなどいただければうれしいです。

やすくんさん、空けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


「やすくんの今日の1冊」拝見しました。
また本を購入するときに参考にさせてもらおうと思います。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。