スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 175冊目 誰か 

JRTパパの本棚に1冊追加。


誰か (文春文庫 み 17-6)
宮部 みゆき
4167549069
文春文庫 458頁




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な情景が広がり始める―。稀代のストーリーテラーが丁寧に紡ぎだした、心揺るがすミステリー。



感想
面白かったです。
堪能できました。

宮部作品にしてはかなり地味な感じがしましたが、
やっぱり宮部作品はいいですね。

この作品の地味(笑)な主人公、杉村三郎はこの後
『名もなき毒』さらに最低もう1作品に登場予定だそうです。
楽しみです。

この記事へのコメント

明けましておめでとうございます

パパさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この作品、ずっと前にハードカバーを友人に借りて読んだときは、なんかおもしろくなかった気がしたんです。
でも、今回文庫になってて、本屋でチラッと立ち読みしたら、なんと内容を少しも覚えていない! いったいナニを読んでたんじゃ、と購入しました。
ここ数日中には読み始める予定です~。

ぶんこやさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

『誰か』はっきり言ってホントに地味です(笑)
ぶんこやさんがどんなレビューを書いてくれるか楽しみにしています^^

いやあ・・・期待されると困るんですが(笑)

とりあえずアップしてみました。
こういうのってレビュー書くの難しいよね。

ぶんこやさん、こんばんは♪
レビュー見ました。
「さすが」としか言いようがないですね。
どうしたらあんなすばらしいレビューが書けるんでしょうか?
もしかして、本職なんですか?

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。