スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 189冊目 朱夏 警視庁強行犯係・樋口 顕 

JRTパパの本棚に1冊追加。


朱夏 警視庁強行犯係・樋口 顕
今野 敏

新潮文庫 384頁



内容(裏表紙より)
あの日、妻が消えた。何の手がかりも残さずに。樋口警部補は眠れぬ夜を過ごした。そして、信頼する荻窪署の氏家に助けを求めたのだった。あの日、恵子は見知らぬ男に誘拐され、部屋に監禁された。だが夫は優秀な刑事だ。きった探し出してくれるはずだ・・・。その誠実さで数々の事件を解決してきた刑事。彼を支えてきた妻。二つの視点から、真相を浮かび上がらせる、本格警察小説。



感想
面白かったです。
樋口顕シリーズ第2弾。

面白いけど、地味です。
地味だけど、味わいがある、いや、味わいとはちょっと違うか?
上手く説明できないけどつい読んでみたくなる
不思議な感覚のシリーズです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。