スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 194冊目 川の深さは 

JRTパパの本棚に1冊追加。

川の深さは
福井 晴敏
4062738279
講談社文庫 391頁


内容(「BOOK」データベースより)「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿い、底なしの川に引き込まれてゆく。やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テロ事件の真相が教える、この国の暗部とは。出版界の話題を独占した必涙の処女作。



感想
面白かったです。
堪能できました。

処女作の加筆修正だそうです。
不器用だけど真っ直ぐな男達の壮絶な戦い・・・グッと来るものがあります。

ダイスはこうして産まれたのね・・・

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。