スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 195冊目 コッペリア 

JRTパパの本棚に1冊追加。

コッペリア
加納 朋子
4062754452
講談社文庫 361頁


内容(「BOOK」データベースより)
恋をした相手は人形だった。作者は如月まゆら。だが、人形はエキセントリックな天才作家自らの手で破壊されてしまう。修復を進める僕の目の前に、人形に生き写しの女優・聖が現れた。まゆらドールと女優が競演を果たすとき、僕らは?日本推理作家協会賞受賞作家が新境地を開く、初めての長編ミステリー。


感想
面白かったです。

著者初の長編ミステリーだそうです・・・
が、ミステリーというよりは恋愛小説?という印象でした。

読中、あれ?この著者は加納朋子で間違いないよね?
と思ってしまうほど、過去の加納作品とは雰囲気が違いました。

いろいろな人の視点から語られるのでちょっと混乱したけど、
最後の落とし所はやっぱり加納作品かなと
妙に納得し、ホッとする自分がいました(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。