スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 196冊目 終戦のローレライⅠ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

終戦のローレライ〈1〉
福井 晴敏
4062749661
講談社文庫 248頁


内容(「BOOK」データベースより)
昭和二十年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終戦という歴史の分岐点を駆け抜けた魂の記録が、この国の現在を問い直す。第22回吉川英治文学新人賞受賞。


感想
面白かったです。

引き込まれました。
まだ、『謎』だらけです。
『彼女』って?
『白い家』って?

読み応えがありそうです。2巻以降が楽しみです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。