スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 198冊目 終戦のローレライⅢ 

JRTパパの本棚に1冊追加。

終戦のローレライ〈3〉
福井 晴敏
4062750023
講談社文庫 459頁



内容(「BOOK」データベースより)
その日、広島は核の業火に包まれた。人類史上類を見ない大量殺戮の閃光が、日本に定められた敗北の道を歩ませ、「国家としての切腹」を目論む浅倉大佐の計画を加速させる。彼が望む「あるべき終戦の形」とは?その凄惨な真実が語られる時、伊507乗員たちは言葉を失い、そして決断を迫られた。刮目の第3巻。


感想
面白かったです。
魂が揺さぶられ、進むべき道が見え、さあいくぞ!と言う巻でした。

いろんな人の過去が明らかになり、やっと全容が見えてきました。

ローレライに、日本に、未来はあるのか?

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。