スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 200冊目 雪虫 

JRTパパの本棚に1冊追加。

雪虫
堂場 瞬一
4122044456
中公文庫 470頁



内容(「BOOK」データベースより)
俺は刑事に生まれたんだ―祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本部長の父はなぜか了を事件から遠ざけるのだった。正義は、そして歳月は、真実を覆い隠すのか?新警察小説。



感想
面白かったです。
堪能できました。

刑事・鳴沢了シリーズ第1弾です。

事件はほぼ予想通りの展開だったけど、
ラストの展開は予想外&驚愕でした。
次作以降、鳴沢了はどうなるの?
非常に気になります。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。