スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 208冊目 帰郷 

JRTパパの本棚に1冊追加。

帰郷―刑事・鳴沢了
堂場 瞬一
4122046513
中公文庫 359頁


内容(「BOOK」データベースより)
話があるんです―父の葬儀の翌日、一人の若者が訪ねてきた。新潟県警鬼の一課長と呼ばれた父にとって唯一の未解決案件を再捜査しろというのだ。奇しくも時効は葬儀の当日であった。遺品の備忘録に綴られる捜査への飽くなき執念、不審な元同僚、犯人と名指しされた男、そして謎の記号―父が遺した事件を追って雪の新潟を鳴沢、疾る。


感想
面白かったです。
堪能できました。

シリーズ第5弾。
もう、面白くて止まりません。
一気に読んでしまいました。

タイトルの通り、新潟に帰ってきました。
まあ、次々トラブルが起こるもんだ・・・
鳴沢も父のやさしさを知ることができてよかったかな?(ちょっと遅かったけど)

次の舞台はアメリカになるのか?
早く次が読みたいぞ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。