スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 210冊目 血烙 

JRTパパの本棚に1冊追加。

血烙―刑事・鳴沢了
堂場 瞬一
4122048125
中公文庫 508頁


内容(BOOKデータベースより)
NY市警で研修中の鳴沢の元にもたらされた凶報―勇樹がバスジャックに巻き込まれた。現場に駆けつけた鳴沢が見たのは射殺された犯人の遺体、そこに勇樹の姿はなかった。見え隠れするチャイニーズマフィアの大物マシンガン・トミーの影。勇樹の行方は。NY、アトランタ、マイアミ―かすかな手がかりを追い、鳴沢が爆走する。 書き下ろし長篇。


感想
シリーズ第7弾。

面白かったです。
鳴沢、とうとうアメリカに進出しました。
最初は面白かったんだけど・・・

なんかすっきりしない終わり方で・・・消化不良です・・

P.S 今(コン)の間の悪さには笑ってしまいました^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。