スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 211冊目 それでも、警官は微笑う 

JRTパパの本棚に1冊追加。

それでも、警官は微笑う
日明 恩
4062754576
講談社文庫 568頁


内容(「BOOK」データベースより)
無口で無骨な巡査部長・武本と、話し出すと止まらない、年下の上司・潮崎警部補。二人は、特殊な密造拳銃の出所の捜査にあたる。たどり着いたのは5年前のある事件だった。覚醒剤乱用防止推進員の拳銃自殺。その背後に潜む巨悪とは?軽快な筆致で描かれた、新世代の警察小説。第25回メフィスト賞受賞作。



感想
面白かったです。

まず、作者の名前が・・日月 恩(たちもりめぐみ)・・・絶対読めません(笑)

宮田と聡子の結末には唖然としてしまいました。
女性の作者ならではの視点でしょうか?

また、潮崎のキャラが最高でした。
いろんな有名刑事(合田や、鮫島他)が出てきて、面白かったです。
「新宿武」のくだりは思わず笑ってしまいました。

シリーズ化されてないのかな?
その後が気になるキャラばかりです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。