スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 214冊目 死神の精度 

JRTパパの本棚に1冊追加。

死神の精度
伊坂 幸太郎
4167745011
文春文庫 337頁


内容(BOOKデータベースより)
①CDショップに入りびたり②苗字が町や市の名前であり③受け答えが微妙にずれていて④素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。


感想
面白かったです。
堪能できました。

連作短篇集です。
ミュージック好きの死神が主人公。

連作といっても何十年もかけて登場人物が繋がってます。
チラッと他の作品の人物も出てくるし、おいら的にはたまりません^^
最後のおばあさんがあの人だったとは・・・やるねぇ~ 伊坂サン

この記事へのコメント

すっごい久しぶり

パパさん、こんにちは。
長らくごぶさたしてて、ごめんなさい。

死神の精度、おもしろかったですねー!
私も最近読みました。
つながり方が、よかった!

↑の『隠蔽捜査』も気になってる一冊です。

ぶんこやさん、こんにちは♪

こちらこそ、不精なもので訪問はしても足跡も残さず状態で申し訳ないです。

伊坂作品はいいですよね。^^

隠蔽捜査も面白いですよ。是非読んでみてください。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。