スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 217冊目 ヒミコの夏 

JRTパパの本棚に1冊追加。

ヒミコの夏
鯨 統一郎
4569670229
PHP文庫 477頁


内容(BOOKデータベースより)
雑誌記者・永田祐介は、取材で訪れた広大な水田で一人の少女と出会う。記憶を喪ったその少女・穂波には、植物の意思を読み取る特異な能力があった。「ヒミコが日本を滅ぼす」―穂波が発した“謎の言葉”。シェアを急伸させる新種のコメ「ヒミコ」には、巨悪の隠謀があったのだ。真相に迫る祐介たちに、殺人者の手が…。異色の素材を正統派ミステリーに仕立てた著者の手腕が冴える傑作長篇。


感想
面白かったです。

でも、鯨作品と言うことで
いろんなひねりとかウンチクを期待して読むと
ちょっと期待はずれかもしれません。

さらに、「邪馬台国は~」の続編かな?と期待してはいけません。
ごく普通のミステリーでした(笑)

サラッと読めます。
でも、それだけ・・・
印象には残りませんでした。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。