スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 222冊目 セリヌンティウスの舟 

JRTパパの本棚に1冊追加。

セリヌンティウスの舟
石持浅海
4334744176
光文社文庫 223頁


内容情報(BOOKデータベースより)
大時化の海の遭難事故によって、信頼の強い絆で結ばれた六人の仲間。そのなかの一人、米村美月が、青酸カリを呷って自殺した。遺された五人は、彼女の自殺に不自然な点を見つけ、美月の死に隠された謎について、推理を始める。お互いを信じること、信じ抜くことを、たったひとつのルールとして―。メロスの友の懊悩を描く、美しき「本格」の論理。


感想
面白かったです。
堪能できました。

ちょっとくどいくらいの本格物です。
じっくりと推理したけど、やっぱりおいらのへなちょこ推理では
足元にも及びませんでした(笑)

美しく、哀しいお話です。
・・・が、しかし、小説だから許せるけど、
自殺を美化することはおいらには出来ません( ̄‥ ̄)=3 フン

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。