スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班棚に追加 234冊目 久遠(上) 

JRTパパの本棚に1冊追加。

久遠 上―刑事・鳴沢了
堂場 瞬一
4122050863
中公文庫 372頁


内容(BOOKデータベースより)
夜明けに鳴ったインターフォンが事件の始まりだった。訪問者は青山署の刑事たち。彼らは開口一番、鳴沢のアリバイを確認してきた。前夜会っていた情報屋が殺され、その容疑をかけられたのだ。美味しいネタとして仄めかされた言葉「ABC」―それが彼の命を奪ったのか?自らの疑惑を晴らすため立ち上がる鳴沢だが…。

感想
面白かったです。

今度の敵は大きそうです。

しかし、まるで同窓会みたいに過去出てきた人が登場してきます(笑)

でも、鳴沢がだんだん新宿鮫の鮫島とダブってくるのはおいらだけでしょうか?
まあ、カッコイイから良しとしましょう^^

さあ、下巻はどうなる? 鳴沢の運命は?((o(^∇^)o))わくわく

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。