スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 238冊目 そして、警官は奔る 

JRTパパの本棚に1冊追加。

そして、警官は奔る
日明 恩
4062761319
講談社文庫 672頁


内容(BOOKデータベースより)
警視庁蒲田署に異動となった武本は、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追った。一方、かつての上司、潮崎は、武本の力になりたい一心で、独自に事件の調査を始める。そして、浮き彫りになる子供の人身売買や虐待の現実。法律では裁ききれない闇に、二人はどのような光を当てるのか?シリーズ第二作。


感想
面白かったです。
堪能できました。

シリーズ第2弾です。
武本、潮崎、相変わらずいい味出してます。
今回はF県警も出てきました(笑)

テーマは重いです。さらに旬です。

解説に「かくして、読者は嵌る」とありましたが、まさにその通り。
おいらも見事に嵌ってます^^

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。