スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚に追加 256冊目 第一級殺人弁護 

JRTパパの本棚に1冊追加。

第一級殺人弁護
中嶋 博行
4062734788
講談社文庫 304頁



内容(「BOOK」データベースより)
自白した被疑者がなぜ無罪に!?救済されるべき被害者に法はいったい何ができるのだろうか。金融犯罪、中国系マフィア、そして快楽殺人。イリーガルに挑む刑事当番弁護士・京森英二が直面した事件は、日本の社会病理と深く係わっていた。現役弁護士ならではの精密な筆致で描く傑作リーガル・サスペンス。



感想
面白かったです。

5つの短篇集。
主人公の弁護士は同じなんだけど、短篇ごとの繋がりは全くありません。

でも一つ一つの話はさすが現役弁護士とうなってしまう視点から語られてます。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。